polcaを通じて自分の子どもに絵本を贈ったら、今までに味わった事のない気持ちになりました。

お題「最近涙したこと」

 

polcaに挑戦しました。

 

何をやったかといいますと、娘への絵本のプレゼント代を募ったのです。

リターンは、支援者の似顔絵をお描きする事です。

 

まず結果からお伝えすると、一口500円の企画に8人の方からご支援いただき、

4,000円を集めることができました。

 

そのお金で、無事に娘に絵本を買ってあげる事ができました。

わたしが娘に読み聞かせているところです。

 

f:id:nudiebeans:20170923124347j:plain

 

その記録を、書いてみたいと思います。

 

polca.jp

 

初めて企画を立ち上げたときは、

 

 

目標いくらにしようか、一口いくらにしようか、

リターンはどうしようか、めちゃくちゃ悩みました。

 

よく考えたら地球上に僕の事知ってる人なんか1%もいないので、

ミスってもなんも恥ずかしくないし失うものもないんですけどね。

 

 

で、リターンは「似顔絵描きます!」ということにして、

一口500円、目標5,000円でスタートしました。

 

ちなみに一口500円というのはわたしがcoconalaで似顔絵を受け付けているお値段です。

coconala.com

 

 

ほんで、企画スタートしたはいいもののまったく反応無し。

 

当たり前ですね。

僕の事誰も知らんし、くわえてpolcaは企画のurlを知らない人にはその内容がわかりません。

 

なので、わたしはtwitterで「polca始めました」というツイートをするとともに、

#polcaのハッシュタグで同じように自分の企画をツイートしてる人を探しました。

 

 

面白そうな企画があったら、リターンあんまり見ずに支援しました。

300円とか500円なら気軽に支援できて良いなあと、まず支援する側にたってみて思いました。

 

 

(もしかしたらわたしのように「リターンはあんまり重視しない」派の人もけっこういるのでしょうか?)

 

 

まあとりあえずいろいろ支援してみて、「この企画支援しました」というのをツイートしたわけです。

 

自分の企画は閑散としていますが、もう諦めたというか、

自分のことはええわ、という気持ちです。

 

ほんで、自分が支援した人から感謝のメッセージがツイッターで届いたりするわけですが、もう自分の企画消そうかなと思い始めたわけです。

 

なんか恥ずかしくなったんですね。

だーれも自分の企画は見てへんという事実。

 

目を背けたくなるわけです。

 

 

 

でもちょっとまてよと。

 

 

「なんでこの企画始めたん?」

 

ガネーシャの声が聞こえるわけです。

 

夢をかなえるゾウ文庫版

夢をかなえるゾウ文庫版

 

 

企画を立ち上げたのは、自分の信用を測ってみたかったからでした。

 

信用だの何だのは最近流行ってる言い回しですが、これは大事なことだと思いますのでもう一度言います。

 

信用を測ってみたかったのです。

自分が提供するものを、求めている人がいるかどうか。

 

支援いただいたお金で、娘に絵本をプレゼントすると決めました。

つまり、全然信用されてなかったら娘に絵本を贈れないのです。

 

「おとうちゃん、絵を描いてたくさんの人に喜んでもらったから、絵本をいっぱい買えたよ」

 

こう言いたかったのです。

 

この文章を書いてて思ったのですがpolcaの本来の使い方から脱線してる?

でも自分はこう使わせていただいてとても貴重な経験ができたのでこのまま書きます。

 

 

話は戻りますが、ようは企画を消す事は逃げだと思ったのです。

自分に信用がないとしたら、その事実から目を背ける(=企画を消す)のは簡単。

 

でも、娘に絵本をたくさんプレゼントしたい。

だから信用ゼロなら積み上げようと思ったのです。

 

 

ほんで、いろんな人のpolca企画を探して、支援して、

支援した人のツイートをリツイートしたりしました。

 

ミオジョウさんのサービスめっちゃ役立ちました。

ありがとうございます。

jmworks.co.uk

 

あと、恥ずかしさからあんまりしていなかった、

自分の企画や自分が描いた似顔絵の投稿(ようは宣伝)を積極的にやりました。

 

 

 

そしたら、支援がありました!!!

 

勢いで文章書いてるのでいろいろ端折ってるかもしれません。

何が効いたのかわかりませんが、とりあえず自分の企画を見てくれた人がいたこと、

しかも支援までしてくれたこと、加えてその相手に面識がないこと、こういった事実にひどく感動いたしました。

 

 

リターンの似顔絵を描かせてください!というメッセージをすぐに送りました。

そしてすぐに描きました。

 

それがこちら。Gakuさん。

Gaku (@noblesse_oblige) | Twitter

 

f:id:nudiebeans:20170918230138j:plain

ありがとうございます。

 

そのあともありがたい事に8名の方からご支援いただき、

目標は達成できませんでしたが80%,4,000円の支援金を集めることができました。

(ちょいちょい話を端折っています)

 

 

本当に感謝しかありません。

似顔絵を一枚描くごとに自信を取り戻していくわたしがいました。

 

 

支援金は振り込み申請済んだものの、まだ自分の口座に入金されていません。

ですがもう興奮しているので、絵本を買ってしまいました。

 

 

娘に贈る瞬間、妻も見守る中、わたしは言いました。

 

 

 

 

「これは、おとうちゃんがいろんなひとの似顔絵を描いて、喜んでもらったお金で、買った絵本だよ」

 

 

 

娘「ふーん」

 

 

 

娘は幼稚園児なので、アラサーのおとうちゃんとは若干温度差があったようです。

もう寝とるし。

 

 

 

 

興奮したまま文章書いてたけど慣れないので疲れてきました。

2,000文字超えてるし終わります。

ありがとうございました。

 

 

f:id:nudiebeans:20170920073812j:plain

 

 

 

あと、懲りずにまたpolcaやってます!!!!!

polca.jp

 

ありがとうございました。

 

いまさらですが自己紹介はこちらです nudiebeans