キングコング西野さんの「革命のファンファーレ」を読みました。

お題「好きな作家」

 

こんにちは。タマです。

f:id:nudiebeans:20170920231928j:plain

自画像

 

キングコング西野さんの本を読みました。

 

 こちらです。

革命のファンファーレ 現代のお金と広告

革命のファンファーレ 現代のお金と広告

 

 

リビングが死んだ話で盛り上がっておりますが、わたしは楽天で予約したので西野さん宅は経由せず届きました。

lineblog.me

 

本の内容を少しご紹介します。

わたしの印象に残った箇所はこちら。

 

 

 

 

・年下の方が優秀

動物でも植物でも、いつも種として優秀なのは、環境に合わせて進化した年下のほうである。

これは抗いようのない自然のルール。

若者を批判する人達は、進化に乗り遅れている。

 

・「読み聞かせができる」という機能

紙の本にはあってWEB上の画像データにないハイグレードな機能が、複数人で同時に読むことができるということ。

WEBで無料で見れる「えんとつ町のプペル」の絵本は、ここに料金が発生している。

 

・ポストカードは何種類並べるときに一番売れるか?

1種類だと「買うか、買わないか」の決断を迫ることになる。

10種類だと、迷った末に買わなかったものがあとで欲しくなる(後悔する)可能性がある。

結局3種類だけに絞れば、「どれを買おうか」という選択をしているうちに、「買う」ことが決まっている確率が高い。

ものを買わせるときには、後悔する可能性を排除してあげる工夫が必要だ。

 

・自分の脳みそだけで全てを生み出している人なんていない

どういう人間がアイデアの待ち合わせ場所として重宝されるかというと、とにかく行動する人間。つまりアイデアの良い実験台になってくれる人間だ。

足を止めている時間が長いほど、他人の脳みその参加率が下がる。その結果、自分一人の脳みそで戦うことになる。

勝負の決め手は脳みその数、体験の数である。

 

 

 

こんな感じです。

とりあえずポストカード売るときは3種類にしようと思います。

 

みなさん、買いましょう。 

革命のファンファーレ 現代のお金と広告

革命のファンファーレ 現代のお金と広告

 

こちらも面白いです。

多少内容かぶってるけど。 

 

魔法のコンパス 道なき道の歩き方

魔法のコンパス 道なき道の歩き方

 

 後輩芸人の単独ライブDVD化の話とか、まんま使ってるやん!と思いました。

 

 

 

でも西野さんチャーミングやから全然オッケーです。

f:id:nudiebeans:20171002204548j:plain

オッケーですの図

 

 

以上!